AROMA STORY 癒し・アロマ

アロマテラピーの歴史

アロマテラピーという言葉が誕生したのは20世紀前半になりますが、人と香りの歴史は古く、古代エジプトから香りを使用していたのです。古代エジプトではミイラを作る方法として防腐剤、医療行為、香水などとして植物の成分や香りが使用されてあったと文献で確認されています。
それと同じようにメソポタミアやギリシャでも香りを使用されていたそうです。
また、中国やインドでも宗教的儀式の1つとして香りが活用されていたみたいです。
11世紀になると、エッセンシャルオイル(精油)の代表的な方法である水蒸気蒸留法が確立して、また17世紀のペスト菌の消毒として芳香浴が使用されていたそうです。
民間療法として着実に発展してきた芳香療法なのですが、19世紀になると西洋医学の発展で徐々に衰退していきました。
しかし、20世紀になると、フランスで精油の薬理作用に関する研究が行われ、またイギリスでは、心と身体のバランスを整えるホリスティック(包括的)医療としての研究が行われて発展していきました。
日本では90年代前半にアロマテラピーが普及し、現在に至っているわけで今後、このストレス社会で生きている現代人にとって安らぎと癒しを与えてくれるものとして、今後さらに発展していくと思われます。

 

アロマセラピーとアロマテラピー

アロマテラピーとアロマセラピーはどちらも呼び方として間違っていないのでどちらで呼んでもらっても大丈夫です。
アロマテラピーは、「Aromatherapy」というスペルになります。
このスペルをフランス語で読むと「アロマテラピー」となり、英語で読むと「アロマセラピー」となります。
20世紀のフランスのルネ・モーリス・ガットフォセという科学者が「アロマテラピー」と命名した造語です。
「アロマセラピー」という呼び方は、医療関係などを中心によく言われており、「セラピー」という言葉が「治療行為」といった意味を表す言葉になっているので医療関係では「アロマセラピー」と呼ばれているみたいです。
ただし、日本ではアロマセラピーは治療行為として認められていないので「アロマテラピー」って言うのが正解のような気がします。

 

アロマテラピーの吸収の仕方

鼻:
鼻から吸い込まれた香りの分子が鼻の奥にある粘膜を通して電気信号になって大脳辺縁系に伝達して、その電気信号がホルモンや免疫系などの分泌を促す効果があり、視床下部を刺激します。
そして香りの成分によって、視床下部が出す指令はいろいろありますが、例えば、ラベンダーの香りは、神経伝達物質であるセロトニンの分泌を促す効果があるので、その結果、気持ちを落ち着かせたり、リラックスさせる効果があると考えられています。


肺:
鼻や口から吸収される香りの分子は、鼻や肺の粘膜から血管の壁を通して血液に吸収され、血流を通して全身に吸収されます。


皮膚:
エッセンシャルオイル(精油)の有効成分を皮膚に塗ると、皮膚の表面部分よりさらに下の真皮にまで到達する優れた浸透力があるので、身体の体液や血液、リンパ液などを通して全身に吸収されます。


消化系:
海外では医師の指導のもとエッセンシャルオイル(精油)を内服する場合がありますが、肝臓や腎臓、神経組織に多大な影響を与えるときがあるので、医師の相談のもと使用するようにしてください。
また、一部の精油、1本で致死量に達するものがあるので素人が勝手な判断で使用するのは非常に危険なので、使用するのは絶対に避けて下さい。
また、乳幼児が誤って飲まないように、保管するときも十分気をつけて保管しておいて下さい。