AROMA STORY 癒し・アロマ

アロマオイルの注意事項

飲まないこと:
アロマオイルを少しでも飲んでしまったら、尿として排泄できるように、たくさん水を飲むようにしてすぐに病院へいって診断を受けることをお勧めします。
外国では、医療関係のカウンセリングに基づいて内服することがありますが、素人が適当に判断して内服すると大変危険な状態になるので、絶対に飲まないようにしてください。
それにアロマオイルの中には死亡する可能性のある成分が含まれているものがあるので、一口舐めてみるといった行為は危険なのでそういった行為は行わないようにしてください。


肌に直接つけない:
アロマオイルを肌に直接つけると、肌が赤くなったりするので、かゆみや刺激がでてきます。
ラベンダーやティートリーのようなものは大丈夫ですが、基本的にアロマオイルを原液のまま肌につけることは止しましょう。 特に、目や傷口、唇などといった粘膜系にアロマオイルをつけないように気をつけて使用しましょう。
誤って目に入ってしまったら、すぐに水洗うようにして病院へ行くようにしましょう。

乳幼児や妊婦についての使用:
乳幼児や妊婦が使用しても良いものは、基本的に芳香浴やスチームなどで使用することができると思います。

妊婦の方:
アロマオイルの中には生理的なものを促すものが含まれているので、どうしてもアロマオイルを使用したい場合は必ず医師に確認して、そしてアロマテラピーの専門家に相談して使用できるアロマオイルについて教えてもらってから使用するようにしましょう。

乳幼児:
6歳以下の乳幼児には、芳香浴使用しても良いのですが、アロママッサージやアロマバスなど肌に使用するものは使わないようにしましょう。

パッチテスト:
アロマオイルを初めて使用するときは、アロマオイルの辞典や図鑑などで注意事項の確認を必ず行い、注意事項に該当するものがあれば、そのアロマオイルを使用するのは止めましょう。
アロマオイルを初めてアロママッサージやアロマバスなどで使用するときは、必ずパッチテストを行うようにしてください。
アロママッサージをするときは、必ずキャリアオイルと呼ばれる基剤で薄めて使用するのですが、正確に薄めたものでも直接肌につけると赤くなったり、かゆみや刺激があるので、このようなアレルギーの有無を知るためにも使用する前に必ずパッチテストを行うようにした方が良いです。

パッチテストの方法:
ホホバオイルなどのキャリアオイルを5ml〜10mlにアロマオイルを1滴たらして二の腕やモモの内側などの肌の柔らかい部分に一円玉ぐらいの大きさにして塗ります。
次に塗った部分にガーゼや絆創膏などをはって、約12時間ぐらいしてからはがします。
そのときに皮膚に何も変化がなければ、そのままアロマオイルをアロマバスやアロママッサージなどで使用することができます。
肌が赤くなったり、かゆみがあるようであれば、アレルギーがあるということで肌につけることは止めて、芳香浴などで使用するようにしましょう。
購入してきたアロマオイルの中の一つが使用できなくても、すべてのアロマオイルにアレルギーが出るわけではないので、アロママッサージで使用したい場合は、別のアロマオイルでパッチテストを行うようにしましょう。
パッチテストが原因でかゆみが治まらない場合は、水をたくさん飲むようにして早くかゆみの素を排出するようにしてください。 また、目の中にオイルが入ってしまったときも、同じようにきれいな水で洗うようにしましょう。