AROMA STORY 癒し・アロマ

アロマオイルの作り方

水蒸気蒸留法:
アロマオイルの作り方の中で、最も有名な抽出方法であります。
原料の芳香植物を蒸留釜に入れて、下から蒸気を当てて蒸す方法です。
蒸気を当てることによって、植物エッセンスたっぷりの気体が出てくるので、これを管に集めて水で冷やします。
すると水分(芳香蒸留水)とアロマオイル(精油)成分の2つに分かれるのでそれを分離させます。
分離するときに水に溶けない精油成分だけを抽出することによってアロマオイルが完成するのです。
水分(芳香蒸留水=フローラルウォーター)にも、わずかにアロマオイルが含まれているので、美容目的の化粧水として使用します。


溶剤抽出法:
アルコールなどの有機溶剤のなかに原料である芳香植物を漬け込んで、揮発させる方法であります。
揮発させた後に軟膏状の固形物が残るので、その固形物をアルコールで溶かして、さらに揮発させてアロマオイルを作り出します。
ローズやジャスミン、ネロリといった微妙な花の香りを抽出するために使用される方法で、この方法で抽出したオイルはアブソリュートと呼ばれるアロマオイルになります。
この抽出法は、アロマオイルに溶剤が少し入ってしまう方法としていわれています。


圧搾法:
レモンやオレンジなど柑橘系の果物の皮を押しつぶして、搾り取るといった方法であります。
最近では、遠心力を利用した機械もあり、この抽出法で抽出されたアロマオイルは「エッセンス」と言われ、一般的にアロマオイルとして使用されています。

アロマオイルの選び方

自分の好きな香り:
いくら美容やリラックスに効果あるとしても自分が好きではなければ、リラックスすることができなく、かえってストレスになるので選ぶときには自分の好みに合ったものを選びましょう。
そして、選ぶときの香りのかぎ方は、最初に瓶の蓋を開け、鼻を瓶から10cmぐらい話した状態で軽く左右に振り、香りを空気に拡散させながら香りをかぎます。
一度に多くの香りをかぐと感覚が鈍くなるので気をつけて香りをかぐようにしましょう。


天然のアロマオイル:
アロマオイルはその有効成分を体内に取り入れて効果が表れるのですから、100%植物から抽出された質の良い天然のアロマオイルを選びに心がけましょう。
市販されているオイルの中には、合成の香料を使用したポプリオイルや、溶剤で薄めてある質の悪いものがあるので選ぶときにそういった成分が含まれているのは使用しないように気をつけましょう。


ラベルチェック:
効果や効能の幅が広く、安全で使いやすい高品質のアロマオイルを選ぶようにしましょう。
しかし、アロマオイルのほとんどが輸入品なので品質を見極めるのは難しいので、そこで目安になるのが、容器に付いているラベルであります。
ラベルには品名から学名、抽出部位、抽出方法、産出国、産出地域などといった情報が明記されているので選ぶときはラベルを見ながら購入するようにしましょう。


産出国と産出地域:
原料が天然の芳香植物のアロマオイルは、ワインと同じでその土地の土壌や水質、日照時間によってアロマオイルの質が変化します。原料の生育地から品質の良し悪しなどの判断基準になります。


原植物名:
原植物名は国や地域によって異なります。同じカモミールローマンでもローマンとジャーマンでは成分が異なるので、原植物名は世界共通の学名で明記されています。


抽出部分と抽出方法:
花や葉など、植物の成分は抽出部分によって異なるので、そのため、同じ原植物でも抽出部分によって品質の差が出てきます。 抽出方法が違うと、バラのように呼び方が区別されたり、グレープフルーツのように質自体変わるものがあります。


遮光性のガラス瓶:
アロマオイルが入っている瓶が遮光性のガラス瓶かどうかチェックしておくと良いと思われます。
瓶の口が1滴ずつ垂らせるようなドロッパーがついている瓶や密閉タイプのフタが使用されているものが良いと思われます。