AROMA STORY 癒し・アロマ

芳香浴

アロマテラピーの中で、手軽で人気があるのが芳香浴です。
アロマポットを使用した方法が一般的ですが、アロマポットがなくても芳香浴を行うことができます。
リラックスしたいときに一番好きな香りをかぐことです。
アロマテラピーをはじめての利用する方でも簡単にできる方法です。しかし、火の元や精油の量には充分注意してください。
それに香りの好みは人それぞれありますので、周りに迷惑をかけないように使用してください。

アロマポット

キャンドル式や電気式などのさまざまなデザインのものが販売されているのでそういったものを使用します。
上皿の7分ぐらいまで水を入れて、それに精油を1滴から5滴ぐらい垂らします。
精油の量は、精油の香りの強さや部屋の広さに応じて好みで入れてください。
数種類の精油を使用するときは、全部合わせて5滴までにします。
そして、使用するときは火の元には充分気をつけて、小さい子供やペットなどが届かない場所にアロマポットを置くようにしてください。
それに上皿の水が蒸発して減ってきたら、水を足すのですが、ここではお湯を足すようにして足してください。
冷たい水を足すとアロマポットにヒビが入ったり、割れたりする可能性があるので注意するようにしてください。

スプレー

外出先でもリフレッシュすることができるので、スプレーを作っておくと持ち運びに便利です。
部屋の香りを変えてたいときや気分転換したいときには、ルームフレグランスとして使用することができます。

作り方:
薬局で購入した無水エタノール(小さじ1杯)をガラス容器に入れて、精油を1滴から6滴落としガラス棒で良く混ぜます。
次に、ミネラルウォーターを25ml加えてガラス棒で混ぜて、スプレー付きの遮光ガラスビンに入れたら完成です。
しかし、上記の作り方だと精油の濃度が高いのでもう少しミネラルウォーターの量を増やしても大丈夫ですが、直接顔や身体にかけないように注意してください。

ハンカチやティッシュ

ハンカチやティッシュに精油を1〜2滴たらして、香りをかぐといった方法があります。
仕事している最中に手を休めてリフレッシュするためにデスクやバッグに入れておいたり、寝つきが悪いときのために枕元に置いたり、室内の匂いが気になる時には、部屋の隅に置くなどしていろいろなことに活用することができます。
ただし、精油はシミになる可能性があるので、薄い色のハンカチなど、シミになりやすいので濃い色のハンカチで使用するようにしたら良いと思われます。精油を垂らしたハンカチなどを置く場所も気をつけて置くようにしましょう。

アロマキャンドル

天然のミツロウを使用して、やわらかい香りのするキャンドルを作くるようにしましょう。
ミツロウで作られるキャンドルは、火をつけたときにでる嫌な煙が少なく、精油本来の香りを楽しむことができます。

作り方:
3cmぐらいのタコ糸使用して湯せんで溶かし、ミツロウにくぐらせてタコ糸に染み込ませます。
このタコ糸の下半分をアルミ箔で巻いて容器の中で直立するように土台(芯)を作ります。
作った土台(芯)を50mlの容量ぐらいの耐熱容器の中央に置いてミツロウの粒10g入れます。
芯から遠い所に、精油を1、2滴ぐらい落として芯に火をつけたら完成になります。
火をつけたら少しずつミツロウが溶けるので、火の熱で精油の香りがしてきます。
火を消してから冷めてから容器からキャンドルをはずすことができます。
精油には燃えやすい性質があるので、火をつけた状態で垂らさないようにして下さい。
キャンドルに火をつけている間は、目を離れないように近くで使用するように注意してください。